歯ぎしりをすると、ほうれい線のシワを深くすると言われています。

MENU

ほうれい線と歯ぎしりの関係

ほうれい線は意外な理由でできる事があります。

 

周りの人よりも若いうちから美容液などでの保湿対策や、食事の管理など、
美容に力を入れてきたのに、ほうれい線が出てきてしまうという人もいると思います。

 

対策をしているのに、効果が出ない人は何か別の原因を疑う事が必要です。

 

そこで、まず最初に確認してもらいたいのが歯ぎしりです。

 

歯ぎしりは一見美容と関係ないように見えますが、寝ている時にほうれい線にシワを作る動きをしている可能性が高く、その他寝付きが浅い事でのストレスから身体をリフレッシュできない、顎関節症になって口周りの動きがぎこちなくなるなど、さまざまな要因でほうれい線のできやすい環境を作っています。

 

1人で寝ている人は自分が歯ぎしりをしている事の自覚が無い人も多いです。

 

高い美容液とサプリメントを使っても、ほうれい線が取れなかった人が歯ぎしり対策をする事で、改善されるケースもあるので、ほうれい線がある人は歯ぎしり対策についても考えるとよいでしょう。

 

 

歯ぎしりの原因は

歯ぎしりは、歯の噛み合わせが悪い人に多いのは有名な人です。
こうした人は子供の頃から歯ぎしりを指摘されて自覚を持っている人が多いです。

 

しかし最近ではストレスや緊張が原因で歯ぎしりをしてしまう人が多いです。
歯の噛み合わせが悪くないから、歯ぎしりは大丈夫と安心している人も、大人になってから知らないうちに歯ぎしりをしているケースが多いので、今一度自分が平気か見つめ直す事が大切です。

 

 

歯ぎしりを治すには

通常人は、唇を閉じている時に上の歯と下の歯がくっついていないのが正常です。

 

しかし最近ではスマホや仕事の事務作業など黙々とこなす行動を行っていると、無意識のうちに、上下の歯をくっつけて食いしばってしまう人が増えています。

 

日頃から、上下の歯の接触を無意識にしていないかを確認して、該当する人はなるべく歯を食いしばらないようにしておく事が歯ぎしりを治す為の第一歩です。

 

また、大人で多い歯ぎしりの原因のストレスを解消できるように、スポーツや運動、睡眠時間の確保などストレスを減らす事を考えると良いでしょう。
根本的に歯の噛み合わせが悪い人は、他の改善策をとっても効果が出にくいので、歯医者に相談しに行く事も必要になります。