紫外線を浴びるとコラーゲンが破壊されてしまうので、十分に注意しましょう。

MENU

日焼けにも気をつけよう

紫外線を浴びて日焼けになると、肌に様々な異常をきたします。
なるべく紫外線を浴びないように対策をしていくことが大切です。
では、具体的に日焼けによってどのようなダメージが及ぼされるのでしょうか。

 

日焼けによる影響

紫外線を浴びることによってまず初めに挙げられる影響は、コラーゲンの破壊です。
肌の真皮層はその大半がコラーゲンです。
そのため、コラーゲンが常に保たれていなければなりません。

 

しかし、紫外線はこのコラーゲンを壊すため、肌の潤いが失われ、シワが発生することや、たるんでしまう要因になるのです。

 

ほうれい線も一種のシワです。
そのため、ほうれい線ができることと紫外線を浴びることは深く関わっていることがわかります。

 

また、紫外線は乾燥をもたらします。

日焼けイメージ画像

紫外線を浴びると、肌から水分が失われるため、より乾燥しやすい状態になります。
乾燥肌になると、肌を守る力が弱まるため、外的要因によってあらゆる影響を受けやすくなります。
その為シミやシワが発生する可能性が高まるというわけです。
このように、紫外線は肌に様々な悪影響を及ぼすため、何らかの対策をしていく必要があります。

 

 

紫外線対策

紫外線を防ぐために有効なのは、日傘を差すことです。
日傘を差せば日の光を遮断できるため、紫外線によって直接肌がダメージを受けるリスクを軽減させることができます。

 

特に黒い日傘は白い日傘に比べても紫外線の吸収率が高いため、よりおすすめできます。

 

また、日焼け止めのクリームを塗っておくことも効果的です。
日焼け止めクリームには、紫外線から肌をガードする効能が含まれているため、紫外線対策としては大いに効果が見込めます。

 

クリームではなく、日焼け止めの下地を塗っておくことも同様に効果があります。

 

このように、複数の方法を使って紫外線から肌を守ることが大切になってきます。