スマホをやりすぎると、下を向く重量の影響や姿勢の悪化でほうれい線の原因となります。

MENU

ほうれい線とスマホの関係

近年急速に普及したスマホ。
若い人であれば、ほとんどの方がスマホを利用しています。

 

このサイトのページもスマホから見ているという人も多いのではないでしょうか?

 

スマホはとても便利で、スマホが無ければ生きていけないという依存症の人も多いと思います。
一日にゲームやSNS、メッセージのやり取りなどで、何時間もスマホと向き合っている人も多いと思います。

 

しかしスマホは、ほうれい線や老け顔と深い関係があり、最近ではスマホが原因のほうれい線も増えてきています。

 

 

一番の原因は姿勢

なんでスマホが原因でほうれい線ができるの?と思う人も多いです。
一番の原因はスマホを操作している時の姿勢です。

 

スマホを操作する人の多くは視線を90度(水平)より下にして顔を下向きにして利用しています。
ちょっとした調べ物やメール操作程度でしたら影響はほとんどありませんが、スマホ依存で長時間顔をした向けた状態で操作する事が多いと、重量の影響で顔の肉が垂れてきてしまいます。

 

その結果、頬の肉が重量の影響によって下がる事で、ほうれい線の原因となってしまうのです。

 

更に重量だけではなく、姿勢が猫背など、丸まった悪い姿勢になる事も多い事から、
それが原因で結構が悪くなり、肌に悪影響が及ぶ事もあります。

 

 

スマホの改善方法は?

一番の理想は不必要なスマホ操作自体を辞める事がほうれい線などの美容対策に効果的です。
しかし、スマホがないと暇つぶしができず、逆にストレスになってしまう人も多いと思います。

 

そんな場合は、スマホを操作する時にはなるべく椅子に座ってスマホを手で顔付近の高さまで持ち上げて操作すると改善されます。

 

スマホの視点を高くすると、手が疲れてしまいますが、手が疲れてきたら長時間のスマホ操作を一旦休憩にサインと思うようにして、スマホの時間自体を減らす事も大切です。

 

 

ゲームは要注意

スマホはゲームで使う事がメインという人も多いです。
ですがゲームはほうれい線に悪影響を与えるケースもあります。

 

詳しくは「スマホと歯ぎしりの関係」でも紹介していますが,無意識のうちに歯を食いしばってゲームに熱中してしまうケースがあります。

 

長時間ゲームをやりすぎると、歯ぎしりの原因となり、結果的にほうれい線の原因となります。
ゲームのやりすぎには注意して、上下の歯をくっつけるほど力を入れてゲームに熱中していないか意識しながら楽しむようにしましょう。