年齢を感じやすい箇所を、本人が自覚しやすい場所や周りの人が意識する場所を総合的に評価して紹介しています。

MENU

年齢を感じやすい箇所ランキング

ほうれい線のほかにも、女性が年齢を感じやすい所をランキング形式で紹介します。

 

自分自身で自覚しやすい点や、男性から見た女性の年齢を感じる自覚をしにくい部分を総合的に評価した内容となっています。

 

 

年齢を感じやすい箇所ランキング

 

ほうれい線

当サイトで重点的に紹介していますが、顔の中でも最も目立ちやすいシワです。
他の部分のシワは表情によって、シワが目立たなかったりしますが、ほうれい線の場合出てしまうと、慢性的に目立つ深いシワが出てしまい、見た目年齢に大きく影響を与えるポイントです。

 

 

目の周辺のシワ

ほうれい線に次いで年齢を感じやすいのが目の周辺のシワです。
目は、人の印象で最も大きな影響を与えるポイントです。
目の周辺のシワは大きく分けて、「目尻のシワ」「目の下のクマやたるみ」に分かれます。
目の下のクマ、たるみに関しては自覚もしやすく、睡眠時間を確保したり栄養補給で改善できる可能性があります。目尻のシワは、真顔ではでなくても、表情を崩した時に目立ってしまう人もいます。
自覚症状を持てるように、鏡の前で表情をいろいろと変えて、目尻のシワの出方を確認しておくようにしましょう。
目尻のシワの対処法は、美容液とマッサージ等がオススメです。

 

 

女性に年齢が出やすいのが手です。
これは本人よりも周りの人の方がシビアに見る事が多いです。
ハンドクリームなどを濡れ場、一時的には綺麗になりますが、時間が経つと年齢が再び出る状態になってしまいます。
男性の会話でも、「あの人は見た目は若いけど手を見ると、おばさん」といった話はよく出ています。ハンドクリーム以外の対処法が少なく、顔周辺に比べても根本的な対策がしずらい所です。

 

 

 

二の腕

こちらも、男性が女性の年齢を見るときに重視しているポイントです。
この他、ヒザ、ふくらはぎ周辺なども重要ポイントになり、化粧などで誤魔化せる顔とは違い、
年齢により、たるみが出てくる二の腕などで年齢を判断される場合もあります。
特に化粧が濃くて年齢詐称疑惑を持たれるような人は、二の腕などの身体で年齢を推測される事が
多くなります。対策はジムなどで、定期的に運動をする他、方法はありません。

 

 

加齢とともに、潤いがなくなっていく人間は、唇の潤いや、弾力・ツヤなども年齢が出やすいです。
リップクリームや、口紅などだけでも、ある程度はごまかす事ができます。
化粧だけではなくて、日頃からお手入れをしていく事も重要です。