ほうれい線のできる原因は寝相によりシワの癖がついてしまっているケースもあります。

MENU

ほうれい線と寝相の関係

睡眠は美容の為にとても重要と言われています。

 

睡眠サイクルを把握して熟睡したり、寝ている時に加湿器などで保湿の環境を作る、快眠できる枕や布団を整えるなどといった睡眠対策も大切ですが、ほうれい線などの顔のシワ対策で最も重要になってくるのが寝相です。

 

顔の肌は、形状を記憶してしまう性質があります。
寝ている時にシワだらけの状態になっていると、シワができやすい環境となってしまいます。

 

寝る時は保湿や快眠環境も重要ですが、寝相対策もしっかり行うようにしましょう。

 

 

ほうれい線ができやすい寝相は?

寝ている時にシワを作るとほうれい線ができやすい。
この理論で分かると思いますが、最も悪影響なのがうつ伏せ
続いて横向きに寝るのも、寝ている時に悪い影響があります。

 

理想は顔を自分の体重で圧迫しない仰向けとなっています。
寝相には諸説あり、うつ伏せが腰痛や肩こりに良い。という説もありますが
美容の面においては、仰向けがダントツに理想的な形です。

 

 

枕の高さは低いのと、高いのでどちらが良い?

睡眠での美容対策でも枕は非常に重要です。
できればなるべく低めの枕を利用するようにしましょう。

 

枕が高いと、せっかく仰向けで寝ていても首が圧迫されて、シワができたり血流が悪くなるケースもあります。また、枕が高いと寝返りが少なくなる性質があります。
寝返りが激しすぎるのも良い事ではないですが、寝返りが少ないのも同じ姿勢が長くシワができやすい環境になってしまいます。

 

ほうれい線対策で寝相を改善させたいのであれば、まずは多少値段が高くても、
良い枕を導入してみる事もオススメです。

 

 

寝相を治すには

寝相は簡単に治せるものではなく、意識をしすぎると逆に寝不足の原因で悪影響が及ぶ事もあります。

 

最もオススメできる方法は寝具を改善させていく事。
前述で紹介した枕や、季節に応じて快適に眠れる敷パットなどを利用すると良いでしょう。

 

■寝相が極端に酷い。
■どうしても朝起きると顔に体重がかかっている。
という人はまずは抱き枕を導入するだけでも、多少は寝相が改善できる場合があります。

 

あとは、寝相については個人差が大きいので、それぞれ模索しながら寝相と快眠の双方で良い方法を作っていくようにしましょう。

 

また、寝ている時の歯ぎしりにも注意しましょう。