ほうれい線と保湿の関係性を理解して、なるべく肌の乾燥を防いで潤いがある状態を維持させる事が大切です。

MENU

ほうれい線と保湿の関係

ほうれい線の大きな原因となるのが肌の乾燥です。

 

肌が乾燥すると、ハリとツヤがなくなってシワができやすくなってしまいます。
逆に一度出現してしまった、ほうれい線でも保湿対策を取るだけで、消す事も可能になります。

 

肌が乾燥する原因には、加齢による肌の劣化だけではなく、食生活による栄養の面や紫外線による日焼けなどもあります。

 

ほうれい線対策をするのであれば、まずは保湿!!
保湿なくして、ほうれい線の解消はできないと言える程重要なポイントとなります。

 

 

保湿対策の方法

 

美容液

最も手軽で効果があるのが、美容液で保湿してあげる事です。
乾燥が気になった時だけケアするのではなく、毎日日常的に美容液を利用して保湿を繰り返す事で肌そのものが潤いのある肌質へと変わっていき効果的になります。
お風呂上がりにおこなったり、ほうれい線のシワに美容液を練りこむようにマッサージをしながら塗っていく事でより効果的になります。

 

 

保湿機/スチーマー

夜寝る時や家でくつろいでいる時などに、保湿機やスチーマーを使って部屋や、顔周辺の湿度を高めてあがる事も効果があります。
肌が乾燥しにくい環境を作ってあげる事で、自然とほうれい線が出にくい潤いのある肌質へと改善させる事が可能です。スチーマーなどで集中保湿を行う事も効果的でオススメです。

 

 

食生活を見直す

美容の定番栄養素とも言えるコラーゲンが入っている食事を積極的に摂ったり、ビタミンをバランスよく取る事で肌の内側から保湿対策をする事が可能です。
食生活を見直して、肌そのものの若返りをはかりましょう。
卵や納豆、乳製品、野菜・果物などが、肌の保湿に効果的な食べ物だと言われています。

 

 

お風呂の入り方

お風呂は入り方を間違えると、乾燥肌の原因になります。
美容の定番手法で半身浴などが有名ですが、なるべくぬるめ(38度~40度くらい)にして、長湯をしすぎないように気をつけたり、体をゴシゴシ洗いすぎないようにします。
お風呂あがりには美容液や化粧水など適切な処置をするようにしましょう。