生活習慣を見直すだけであっという間にほうれい線が目立たなくなる

MENU

ほうれいが出来る原因

年の割に老けて見られる人の多くは、ほうれい線が出てしまっています。

 

人の見た目年齢には様々な要素がありますが、ほうれい線が出るだけで見た目年齢が5歳は変わるとも言われています。

 

 

ほうれい線は老化でいずれは出てきてしまうものですが、ほうれい線が出てきた時に、

 

 

年齢だからしょうがない


 

早く出てしまうのは親の遺伝


などと諦めている人はいませんか?

 

ほうれい線が年齢よりも早く出る人は生活習慣に問題があるかもしれません。
少しでも目立たなくする為に、その悪い癖を解消し、悪化しないように予防しましょう。

 

実際に簡単な対策を取るだけで、ほうれい線が目立たなくなり、
見た目年齢が大幅に若返る可能性がある人はたくさんいます。

 

ほうれい線とは

ご存知の方も多いと思いますが、ヒトの鼻の両脇から唇の両端に伸びる2本の線の事で、
頬との境界線になります。
ほうれい線は、ひらがな表記で浸透していますが、漢字表記にすると、「法令線」「豊麗線」「豊齢線」の3つの表記があり、語源は中国の「法令紋」がという面相額が由来になっていて、「豊麗線」「豊齢線」は当て字になります。
頬にできる線で年齢が出る部分という事で「頬齢線」と書くものと勘違いしている人も多いですが、語源的には誤りとなっています。
美容外科なども含めて医療業界では「鼻唇溝(びしんこう)」と呼ばれる事もあります。

 

 

ほうれい線が出る平均年齢は?

ほうれい線を気にするイメージ

一般的に言われているほうれい線出現時期は30代後半です。
ただし個人差が大きく、手入れをしている人や美容の意識が高い人は40代後半まで出現を遅らせる事もできますし、早い人であれば20代から出現するケースもあります。

 

平均的な時期ノ30代後半よりも早くほうれい線が出ている人は、老化だけではなく他の原因でほうれい線が早い出現となっている可能性が高いです。

 

 

法令線対策は早めが大事

人間は構造上、50代、60代になれば、美容整形で数千万円というお金をかけない限りほうれい線がいずれは出てくる仕組みになります。
法令線ができる原因には、様々な要素がありますが、「」も大きな要因となります。
ほうれい線と歯ぎしり
ほうれい線と寝相

 

一度ほうれい線ができてしまうと、そのシワが癖となり、どんどん進行が進み
後戻りができなくなってしまいます。

 

例え30代や40代前半など、対処次第では、一度出現したほうれい線を消したり目立たなくする事ができる年齢でも、その時点で何年もほうれい線が出ている状態で放置されていると癖が残ってしまい、簡単にほうれい線を消せなくなってしまいます。

 

ほうれい線対策は早めに行う程効果的で、ほうれい線が出る前の20代のうちからケアするのが理想です。

 

ほうれい線が出現してからでも、気付いた直後に何かしらの対策を取れば、簡単な取り組みでほうれい線を一旦消す事ができます。

 

少しでも早めに行う事が大事で、思い立ったらすぐに行動に移す事も重要です。

 

自宅で簡単に出来るケアとして、【美顔器】があります。
ほうれい線をつくらない為にも表情筋へアプローチする事も大切です。
エステナード LIFTY(リフティ)は表情筋ケアとマッサージをしながら肌にハリを与えてくれる美顔器です。週に2回のお手入れでOKなので、らくらく続けられそうですね。

 

累計84万台突破した人気美顔器

 

 

ほうれい線対策を取ると、思わぬメリットも

ほうれい線対策に行う事は身体に健康な事が多いです。

 

ほうれい線対策をやった事で、見た目年齢を左右する目の下のクマやタルミが解消されたり、
手のシワが解消されるケースもよくあります。

 

生活習慣自体を見直せば、身体が疲れなくなったり、代謝が向上してダイエットに繋がるなど、
ほうれい線対策を行う事でさまざまな波及効果が出てくる可能性を秘めています。

 

また、ほうれい線は目立ちやすい部分でもありますが、簡単な対策で比較的目に見えた効果を感じやすい部分でもあります。

 

美容

ダイエットや他の美容対策は、始めたばかりの人は効果を感じる事ができずにすぐに挫折してしまう人が多いです。

 

効果が出やすく目標が明確なほうれい線対策は、はじめての美容対策や、他の事で失敗してしまった人でも、目に見えて効果を実感しやすいという点から、成功率や長続き率が高い人気の美容対策にもなっています。